政策課題研究 自治体の政策・施策評価指標の設定過程におけるロジック・モデル活用法の提案--大阪府豊中市の実践事例を通じて Studies on regional policies: A proposal of the method to use the logic models on setting the indicators to evaluate the policies and programs at local government: through a case study on Toyonaka Municipal Government

この論文をさがす

収録刊行物

  • 日本地域政策研究

    日本地域政策研究 (1), 147-153, 2003-03

    日本地域政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40015325232
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13485539
  • NDL 記事登録ID
    8697915
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-N701
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ