男子受刑者である原告が、性同一性障害を理由に、拘置所長による刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律37条に基づく調髪処分の差止めを求めたが、棄却された事例[名古屋地裁平成18.8.10日判決] (判例解説) -- (行政)

この論文をさがす

収録刊行物

  • Lexis判例速報

    Lexis判例速報 3(3), 62-66, 2007-03

    レクシスネクシス・ジャパン

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40015402041
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12091687
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    判例研究 // 特集
  • ISSN
    1880599X
  • NDL 記事登録ID
    8747178
  • NDL 雑誌分類
    ZA33(政治・法律・行政--司法)
  • NDL 請求記号
    Z71-P466
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ