市販香辛料の熱ルミネッセンス(TL)及び光ルミネッセンス(PSL)応答の比較  [in Japanese] Thermoluminescence and photo stimulated luminescence measurements on commercial spices  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

4種類の香辛料について、それぞれ3つの異なるメーカーの市販試料を収集し、TLおよびPSL測定を行った。TL比が0.1より大きくかつ150℃~250℃の範囲にGlow1の発光極大を持つ試料では、PSL測定における発光がLEDによる光照射直後に増加し次第に減衰するパターンを示した。これらの試料では、従来のCEN標準分析法におけるPSL測定装置で求めた発光積算値も5000カウントを越えていた。一方Glow1に大きな発光極大が認められず、TL比も0.1を下回る試料では、PSL測定における発光量は、LED照明の点灯後も変化がほとんど認められず、CEN標準分析法におけるPSLカウントも、ほとんどの場合で700カウントを下回っていた。以上から市販香辛料において、新規PSL法と、TL測定およびCEN標準PSL法の結果に良好な相関関係があることが確認され、新規PSL法の放射線照射検知技術としての有効性が示された。

Journal

  • Report of National Food Research Institute

    Report of National Food Research Institute (71), 91-96, 2007-03

    農林省食品総合研究所

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40015416854
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00117854
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03019780
  • NDL Article ID
    8774000
  • NDL Source Classification
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z17-515
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top