安心安全防災地域情報ネットワークシステムと応用 (特集 大都市の地震災害と支援)  [in Japanese] Regional network information system aimed at relief and safety improvement and the application  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

情報インフラは整い、便利になり、そして高度化してきた。しかし、機器を活用することのできない情報弱者と呼ばれる人たちが存在し、格差が進んでいるのが現状である。そこで、障害や状況に関わらず必要とする情報を簡単に入手することができるネットワークシステムが必要である。本稿では、意図や障害を認識する動作認識モデルとそこから得た知識を共有することができるネットワークインテリジェンスを提案する。そして安心、安全の向上を目的とする地域情報ネットワークシステムを構築する。

Information infrastructure has been improved and expanded. However, we see those who called "information shortfall" and people don't utilize the information devices completely. The current problem is that the digital divide is widening in Japan. Network s

Journal

  • Journal of urban science

    Journal of urban science (1), 31-39, 2007-03

    首都大学東京都市環境科学研究科都市システム科学専攻

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40015455964
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-0218
  • NDL Article ID
    8803471
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z71-T271
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top