無花粉スギ「爽春」の24,25年生時におけるクローン特性  [in Japanese] Characteristics of male-sterile Sugi "Soushun" clones at 24, 25 years of age  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

スギ花粉症は、社会的に大きな問題となっている。林木育種センターは、花粉症対策品種として2005年に無花粉スギ(品種名:爽春)1品種を開発した。「爽春」のクローン特性を把握するために、24、25年生のクローン検定林において特性調査を行った。「爽春」は、生存率は平均と同程度で、成長は平均を下回るが、幹の通直性は平均よりも優れていることが明らかとなった。このような傾向は、10年生時の調査結果からも確認することができた。

Journal

  • Bulletin of the Forest Tree Breeding Institute

    Bulletin of the Forest Tree Breeding Institute (23), 309-317, 2007-02

    林野庁林木育種センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40015464135
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10413139
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09185828
  • NDL Article ID
    8808786
  • NDL Source Classification
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-1550
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top