EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築 Construction of e-syllabus supporting the discovery of learning path by using EDB

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

徳島大学では、教育・研究者情報データベース(EDB)が稼働しており、シラバスの作成やWeb閲覧に利用してきた。現在、教育を学習の基盤(教学インフラ)開発の1つとして、授業科目間の関連性を動的にグラフ表示する。eシラバスシステムの構築を行っている。eシラバスの構築にあたり、各授業科目のシラバスに、キーワード、先行科目、関連科目の3つの項目を新たに設けた。EDBのデータ保存形式であるXMLは汎用性が高く、1つのテキストファイルで構造化データを表現できるため、配布されるCD-ROMにそのまま格納することで、Webを介さずに科目間の関連性をグラフ表示可能である。eシラバスの実現により、ネットワークを介して学習計画や学習経路探索が支援され、シラバスの使い勝手が向上する。

In Tokushima University, the syllabus has been published and opened on the web using anEducator and Researcher Information Database (EDB). We are now developing an e-Syllabus systemthat represents graphically and dynamically the relationships between lectures. This developmentrepresents one of the improvements of infrastructure for education and learning. In order to constructthe e-Syllabus, three new columns have been added to each lecture of the syllabus: keywords,preceding lectures and relational lectures. XML is used as a storage format for EDB; it allows us torepresent the structured data within on a text file that can be stored on a CD-ROM. Thus, withoutaccessing the web, it is possible to represent graphically and discover the relations between thelectures. This representation of the syllabus supports the students in the discovery of learning-paths andthe definition of learning plan. Thus, the e-Syllabus system improves the convenience of using thesyllabus.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル (3), 1-9, 2006-03

    徳島大学

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40015824350
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    9344129
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ