耳石日周輪から見た相模湾における資源低水準期のマイワシの成長  [in Japanese] Growth of the Japanese sardine in Sagami Bay during the low abundant period by daily increments in otoliths  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

1.2005年4月〜2006年2月に行ったマイワシの耳石輪紋数測定結果を基に、資源低水準期における相模湾での本種の成長過程を検証した。2.輪紋数測定及び安定同位体比の結果から相模湾で摂餌・成長したと推定される個体は、0歳魚で体長17cmまで成長する可能性が明らかになった。これは過去の知見よりも速い成長速度である。3.2006年2月に来遊した群は成長が遅く、相模湾以外で摂餌・成長してから来遊したものと推定された。4.今後も暫く資源低水準期が続くため、0歳魚主体の漁模様になることが予想されるので、春に来遊するマシラスをいかに残せるかが課題である。

Journal

  • Bulletin of the Kanagawa Prefectural Fisheries Technology Center

    Bulletin of the Kanagawa Prefectural Fisheries Technology Center (3), 35-44, 2008-03

    神奈川県水産技術センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40016239603
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1215535X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    18808905
  • NDL Article ID
    9643877
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z74-F79
  • Data Source
    NDL  JASI 
Page Top