グランヴィル・バーカーによるアンサンブル演技の創造--伝統と革新のあいだのシェイクスピア上演

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

一九六七年に刊行されたローレンス・オリヴィエ(一九〇七~八九年)、ジョン・ギールグッド(一九〇四~二〇〇〇年)ら俳優へのインタヴュー集の序文には、次のようなくだりがある。一九六三年の国立劇場設立までに「スターが自分の才能を使いながら、すすんでアンサンブルの一部となる演技は完全に確立されていた」。これは英国演劇のアンサンブルが、スターという突出した存在を抱えながら、逆に演技全体の調和を目指すというアンビヴァレンツと不可分であり、それが一つのタイプとして定着したという見方である。インタヴューにおけるスター俳優たちの証言によって、序文の見解の妥当性がここでは示されている。しかし、そうであるなら、英国演劇におけるアンサンブル演技はいったい、どのように発展し定着に至ったといえるだろうか。

収録刊行物

  • 文芸研究

    文芸研究 (107), 75-91, 2009

    明治大学文芸研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016589549
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222101
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03895882
  • NDL 記事登録ID
    10237596
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z13-117
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ