星野リゾート、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 「最良」ではなく「最適」な選択をしてもらう (特集 「行動経済学」で非合理な顧客を動かせ)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

 マーケティングでは「購買履歴や属性から顧客の嗜好を推測し、最良の商品・サービスを提案すると買ってもらいやすい」とよく言われる。しかし行動経済学の観点から見れば、必ずしも正しくはない。「現実の消費者は、置かれた状況によって判断を変える。Aが好きな人でも、選択肢の示し方によってはBを選ぶことがあり得る」(明治大学の友野典男教授)。

Journal

  • Nikkei information strategy

    Nikkei information strategy 18(5), 38-40, 2009-06

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40016598193
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10436495
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    09175342
  • NDL Article ID
    10241290
  • NDL Source Classification
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z4-1328
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top