Bench-top VPR (B-VPR)を用いたホルマリン液浸動物プランクトン試料の計測 Usefulness of bench-top VPR (B-VPR) in measuring formalin-preserved zooplankton samples

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ホルマリン液浸プランクトン試料から水産資源生物の餌料として重要なカイアシ類のサイズ別個体数を迅速かつ簡便に計測するため、水中用のVPRを実験室用に改良した室内型VPR(Bench-top VPR;B-VPR)を用いて、計測条件、計測手法ならびに測定結果の信頼性について検討した。B-VPRで得られたカイアシ類画像の自動識別精度の向上に課題はあるものの、B-VPRの使用により、従来の顕微鏡による計測に比べ簡便かつ短時間にプランクトンの画像化と計測が行えること、換算式の適用により個体数ならびにサイズについても信頼性の高いデータが得られることが明らかになった。

収録刊行物

  • 水産技術

    水産技術 1(2), 13-23, 2009-03

    水産総合研究センター

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016844331
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12359338
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    18832253
  • NDL 記事登録ID
    10450725
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z74-G122
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ