ヨーロッパ域内における食料品の産業内貿易--EU15のデータによる分析  [in Japanese] Intra-industry food trade in European countries: an analysis of EU15 trade data  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ヨーロッパ地域(EU15)内の食料品の産業内貿易の構造とその決定要因を、加工度・用途別に財を4分類したデータを用いて分析した。この結果、EU15のGL指数は東アジアと比べてかなり高く、食料品における産業内貿易が活発に行われていた。また、「加工品・家庭用」のGL指数は比較的高く、逆に「原料・産業用」のGL指数は低かった。回帰分析の結果によれば、2国間の距離の近さによって表された消費者の嗜好の類似性が、産業内貿易を促進する要因となっていた。言語によって表された国同士の文化的な類似性も、家庭用の財に関しては産業内貿易を促進する要因である。一人当たりGDPによって嗜好の類似性を捉えようとした変数については、比較的有意なものが少なかった。2国全体の市場規模の大きさは産業内貿易を促進するが、2国の市場規模の差についてははっきりした傾向は見出せなかった。生産要素賦存比率の差についても、産業内貿易との関係は、はっきりとは見出せなかった。

Journal

  • 農村研究

    農村研究 (109), 14-25, 2009-09

    東京農業大学農業経済学会

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40016874713
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202024
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03888533
  • NDL Article ID
    10473185
  • NDL Source Classification
    ZR8(科学技術--農林水産--農産--農業経済学)
  • NDL Call No.
    Z18-420
  • Data Source
    CJPref  NDL  JASI 
Page Top