レッシグからパウンドへ--社会統制媒体としてのアーキテクチャー概念の有用性とその課題 From Lessig to Pound: the utility and task of "architecture" as an agency of social control

この論文をさがす

収録刊行物

  • 法哲学年報

    法哲学年報 2008, 156-164, 2008

    有斐閣

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016921498
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00226601
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-2890
  • NDL 記事登録ID
    10512739
  • NDL 請求記号
    Z2-35
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ