政府機関が公的扶助の捕捉率を把握・公表する際の論点--アメリカの政府説明責任局(GAO)による見解に着目して Disputed points for government to measure and release take-up rate of public assistance: focused on the opinion by united states government accountability office

この論文をさがす

収録刊行物

  • 海外社会保障研究

    海外社会保障研究 (169), 95-104, 2009

    国立社会保障・人口問題研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016959072
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11288981
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13443062
  • NDL 記事登録ID
    10544739
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-484
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ