最近の判例 Crawford v. Marion Country election board, 553 U.S. 181, 128 S. Ct. 1610 (2008)--不正投票を防止するためであれば,州法で有権者に写真付き身分証明書の提示を義務づけても,証明書を持たない有権者の投票権を不当に制約しているとは言えないとされた事例

この論文をさがす

収録刊行物

  • アメリカ法

    アメリカ法 2009(1), 192-197, 2009-12

    日米法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016961874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012299
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    判例研究
  • ISSN
    05699215
  • NDL 記事登録ID
    10553266
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-129
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ