若年性認知症者への支援についての一考察--アートワークの実践を通して A study of support to individuals with juvenile dementia: through practice of artwork

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

若年性認知症者は全国で約4万人と推計されているが、専門的なサービスを提供できる機関が無く、支援に対する積極的な取り組みが求められている。今回、アートワークという作品づくりの場を設け、若年性認知症者に対する支援について検討を行った。アートワーク実践の経過と結果より、若年性認知症者やその家族に対して(1)新たな可能性を知る機会を提供できること、(2)主体的に取り組むことができる機会を提供できること、(3)帰属感や役割意識を高める機会を提供することで満足感を高める支援を行えることが分かった。また、新たな社会サービスにつなげるための支援を行ううえで(1)参加者が馴染みの場所以外でも過ごせることを示すこと、(2)介護者と離れる機会を提供すること、(3)利用するサービス機関に情報を提供することが効果的であるということが分かった。

収録刊行物

  • 甲南女子大学研究紀要 看護学・リハビリテーション学編

    甲南女子大学研究紀要 看護学・リハビリテーション学編 (3), 151-159, 2009

    甲南女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40017033517
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12320503
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18825788
  • NDL 記事登録ID
    10619054
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z74-F768
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ