宇宙工学 「はやぶさ」60億キロの旅  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

 探査機「はやぶさ」が2010年6月13日,60億kmの旅の末,流星となって帰還した。2003年5月に地球を出発,2年4カ月の惑星間航行の末に小惑星「イトカワ」に到達し,サンプル採集を行ったが,直後に姿勢制御用エンジンが全損して通信途絶。

Journal

  • 日経サイエンス

    日経サイエンス 40(9), 28-39, 2010-09

    日経サイエンス

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40017235631
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10202348
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0917009X
  • NDL Article ID
    10780358
  • NDL Source Classification
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL Call No.
    Z14-529
  • Data Source
    CJPref  NDL  Nikkei BP 
Page Top