「語」を超えた単位に基づくコーパス分析に向けて--パターンラティスモデル(PLM)とその有用性 Toward a super-lexically-based analysis of corpora: introducing Pattern Lattice Model (PLM) and its usability

この論文をさがす

収録刊行物

  • 藝文研究

    藝文研究 (98), 221-207, 2010

    慶應義塾大學藝文學會

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40017239520
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00072643
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04351630
  • NDL 記事登録ID
    10786021
  • NDL 雑誌分類
    ZK21(言語・文学) // ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z12-185
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ