インタビュー 各種技術が安く手に入る今,ゲームの未来は明るい--岩谷徹氏 東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科 教授  [in Japanese] Interview: Tokyo Polytechnic University, Toru Iwatani: availability of inexpensive technologies spells bright future for games  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

 かつて世界中で大ヒットしたゲーム「パックマン」が誕生してから,30年。パックマンの開発を担当した岩谷氏は今,東京工芸大学の教授として未来のクリエーターの養成に力を注ぐ。同大学は2010年4月,ゲーム学科を設立し,岩谷氏はそこで「ゲームの本質」を追求する研究を進める。同氏は今後,ゲームの可能性を大きく広げられるチャンスがあると考える。その理由を聞いた。

Journal

  • 日経エレクトロニクス

    日経エレクトロニクス (1041), 115-117, 2010-10-18

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40017319366
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0018467X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    03851680
  • NDL Article ID
    10845334
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-751
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top