RFIDとアフォーダンスによる、学習不要なジェスチャーインタフェース  [in Japanese] Gestural interfaces system with RFID and affordance which require no user's learning perceptible gestures  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

利用者の意思をコンピュータに伝える仕組みとしてジェスチャーインタフェースがある。その実装にはすでに様々なセンサー技術が用いられているが、ジェスチャーとしての特定の動きを利用者が学習する必要がある仕組みが多い。本研究ではジェスチャー認識にRFIDの技術を利用し、さらにアフォーダンスの概念を入れた形状のシステムを作ることで、利用者がジェスチャーを学習することなく、利用者の自然な動きからジェスチャーを読み取る方法を実装した。

Gestural Interfaces are the some of way to input user's will into a computer. They implemented the interfaces with several type of sensors, however the almost ways force users to learn perceptible gestures. Then we implemented a gestural interface system as an interaction-art with RFID and affordance method Also users can input their actions into the system without learning gestures.

Journal

  • The bulletin of Multimedia Education and Research Center, Okinawa University

    The bulletin of Multimedia Education and Research Center, Okinawa University (10), 7-16, 2010-03

    沖縄大学マルチメディア教育研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40017386399
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11529250
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13464264
  • NDL Article ID
    10897865
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z74-C394
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top