病院 新生がんセンターに学ぶ組織改革--「アンビリーバブル」の連続に豪腕理事長が仕掛けた改革の中身

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

国の手厚い庇護(ひご)の下、わが国のがん治療のトップに君臨してきた国立がん研究センターに今、改革の嵐が吹き荒れている。陣頭指揮を執るのは、外部から乗り込んできた新理事長の嘉山孝正氏だ。ぬるま湯的で不合理な体質に次々とメスを入れ、着実に成果を上げている。(本文中敬称略) 「毎日が『アンビリーバブル!』と叫びたくなることの連続だった。

収録刊行物

  • 日経ヘルスケア

    日経ヘルスケア (253), 49-53, 2010-11

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40017387447
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528575
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    18815707
  • NDL 記事登録ID
    10896513
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-2968
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ