判例研究 相続させる遺言と遺留分侵害額の算定--遺留分権利者の保護の視点から[最高裁第三小法廷平成21.3.24判決] Comments on cases: A supplementary compulsory portion and the debts incurred by the deceased: focusing on "Sozoku-saseru" testament

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • 岡山大学法学会雑誌

    岡山大学法学会雑誌 60(2), 391-397, 2010-12

    岡山大学法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40018267390
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00033040
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    判例研究
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03863050
  • NDL 記事登録ID
    10976328
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-46
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ