電力危機への備え、残り1カ月 節電対策だけでは安心できない 電源系統の見直しやシャットダウン短縮化が必須  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

電力需要のピークとなる夏場を控え、IT現場では電力危機に対する備えが求められている。今のところ節電対策が中心だが、大規模停電や計画停電への対策も無視できない。準備期間はわずか1カ月。自家発電装置の利用を想定した電源確保や、システムのシャットダウン短縮化を急ぐ必要がある。 24年前の夏の日、悪夢は起こった。猛暑の中、昼休みを終えた企業の冷房需要が急増。

Journal

  • 日経systems

    日経systems (217), 48-51, 2011-05

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40018822522
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12122656
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    18811620
  • NDL Article ID
    11093866
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-B77
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top