スピノザにおける「第三種の認識」 : 神および人間精神の自己認識 The third kind of knowledge in Spinoza's Philosophy : Self-knowledge of God and human mind

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

スピノザ哲学において、人間の自由は至福としての神への知的愛によって獲得されるものである。そして、この神への知的愛は「第三種の認識」あるいは「直観知」と呼ばれる認識において実現する。本稿では、この第三種の認識特徴として「起源性」、「個別性」および「直観性」を取り上げ、それらの意義の解明を試みる。そのために、『エチカ』の読解を通して、特にスピノザにおける精神の永遠性とコナトゥスの概念に注目して考察を行なう。###スピノザにおける第三種の認識は、神の自己認識であるとともに人間の自己意識を意味している。神および人間は第三種の認識において、個別的な自己自身を直接に、起源としての神から、神の能力あるいはその現象であるコナトゥスを認識しているのである。###In this paper I tried to understand Spinoza's concept of the third kind of knowledge. For this purpose I regarded the investigation into signification of three properties of the third kind of knowledge, and they are immediateness, individuality and ground of the truth. In order to solve this problem, I would consider propositions concerning the third kind of knowledge in his Ethica. And I would examine Spinoza's thoughts of conatus and the eternity of the mind. In Spinoza's philosophy, the third kind of knowledge signifies self-knowledge of God and human mind. Through their self-knowledge, each of God and human mind recognizes immediately individual themselves in the identical potency of God

収録刊行物

  • 紀要

    紀要 (8), 17-28, 2007

    大分大学大学院福祉社会科学研究科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019065115
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12109283
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    2185-9574
  • NDL 記事登録ID
    023268303
  • NDL 請求記号
    Z72-C725
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ