国際化 TPPで国内公共事業の開放拡大? : 外国企業の参入は増えなくても国内企業同士の競争激化の恐れ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉には、公共事業の対外開放も含まれる。日本は世界貿易機関(WTO)の政府調達協定に加盟しており、他国と比べて開放が進んでいる。仮に一層の開放が義務付けられれば、外国企業の参入は限定的でも、地域要件の撤廃によって国内企業間の価格競争が激化する恐れがある。(渋谷 和久) TPPをめぐって推進派と反対派の対立が収まらない。

収録刊行物

  • 日経コンストラクション

    日経コンストラクション (533), 36-38, 2011-12-12

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019076193
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10280647
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0915-3470
  • NDL 記事登録ID
    023328021
  • NDL 請求記号
    Z16-1928
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ