技術再活用の促進要件 : 特許引用情報を用いた推定 Factors facilitating technology reuse : An estimation from patent citation data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

同一企業内における特許引用を,顕在技術の再活用と埋没技術の再活用とに区分した上で,これらの技術の再活用条件に関する探索的分析を行った。分析の結果,顕在技術の再利用は,必ずしも漸進的なものではないことが示された。また,再活用された技術の価値向上をもたらす要因に関する探索的分析からは,顕在技術と埋没技術の再利用との間に幾らかの差異を見出す一方で,特許引用同士における同一発明者の存在は,これらの価値向上に対し有意な寄与をもたらしていないことが明らかになった。

Based on the classification of patent citations within the same firm as the reuse of actualized technologies and one of buried technologies, this paper exploratory examined the conditions which facilitate technology reuse. The results implied that actualized technologies were not so incremental. Also, from an exploratory analysisto find the factors for valuing the reused technologies, the author confirmed some differences with the results between the case of actualized technology and one of buried technology, however, the same inventors on citingand cited patents had no significant contribution to these values.

収録刊行物

  • 岡山大学経済学会雑誌

    岡山大学経済学会雑誌 43(3), 145-158, 2011-12

    岡山大学経済学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019162507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00032897
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0386-3069
  • NDL 記事登録ID
    023440861
  • NDL 請求記号
    Z3-940
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ