アクション・ラーニングについての方法論的考察 Action Learning Methodology : Making Formative Relationships between Practice and Research

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

今日、大学教育改革が進む中で、サービス・ラーニング、プロジェクト・ベースド・ラーニング教育実践、コーオプ教育実践といった大学外・授業外・教室外での実際のアクションを取り入れた経験学習型の教育実践が広がりを見せている。このようにアクションと学習を結びつけながら行われる実践はアクション・ラーニングと呼ばれ、大学教育実践で広く活用されてきている方法論である。本研究では、このアクション・ラーニングの方法論について考察する。第一に、アクション・ラーニングの歴史を検討する。第二に、概念規定の試み、具体的な実践事例、アクション諸様式との関連について検討する。第三に、そこまでの文献レビューから、アクションと学習をバランス・両立させることと、その際に省察が重要な役割を果たすことがアクション・ラーニングの方法論の中核に据えられていることを確認した。最後に、アクションと学習のそれぞれにおける省察の役割と大学教育に対する示唆を明確にすることを試みた。Recent higher education reforms have occasioned and enabled educational practices based on experiential learning, such as service- learning, project-based learning, and cooperative education. In these educational practices, participants engage in problem-solving actions outside the campus and combine them with on-campus study. This is the methodological basis of action learning, which has spread through various practices in higher education. The purpose of this article is to consider the assumptions and effectiveness of action learning. More specifically, I begin by reviewing past articles on action learning and existing definitions on the basis of the studies of R. Revans, the founder of action learning. Second, I examine previous case studies of action learning and their relationships with other action modalities, such as action research and action science. Third, I consider the fundamental ideas and effectiveness of action learning. The fundamental idea of action learning stresses the importance of balancing action with learning in a synergistic manner. It also acknowledges the critical role of reflection in mediating between action and learning. I conclude that action learning is an effective way in higher education both as action and learning of students and staffs make use of reflection.

収録刊行物

  • 名古屋高等教育研究

    名古屋高等教育研究 (12), 135-154, 2012-03

    名古屋大学高等研究教育センター

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019246042
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11679581
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1348-2459
  • NDL 記事登録ID
    023616771
  • NDL 請求記号
    Z71-J969
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ