医薬情報室 アルツハイマー型認知症治療薬の特徴と使い分け 振興抑制のため基本は2剤服用  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

 認知症の大部分を占めるのは、アルツハイマー型認知症(Alzheimer's disease:AD)である。ADの病態に対する根本的な治療の開発はいまだ道半ばだが、記憶障害や見当識障害、失語、失行、実行機能障害といったADの中核症状に対して効果を持つ薬剤として、従来使用できたドネペジル(商品名アリセプトほか)に加え、昨年新たに3剤が登場し、治療の枠組みが大きく変わりつつある。

Journal

  • 日経メディカル

    日経メディカル 41(4), 122-125, 2012-04

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40019280459
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00184680
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0385-1699
  • NDL Article ID
    023673368
  • NDL Call No.
    Z19-688
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top