民事手続判例研究 原告らが、建物所有権保存登記のうち被告の持分に関する部分のみの抹消登記手続を求めているにもかかわらず、裁判所が、被告に対して、これを超えて本件保存登記全部の抹消登記手続を命ずることは、当事者が申し立てていない事項について判決をした違法があるとした事例[最高裁判所平成22.4.20判決]  [in Japanese] Cases and Comments : A Case Comment on Civil Procedure  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Journal

  • 法政研究

    法政研究 78(4), 1159-1174, 2012-03

    九州大学法政学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40019297027
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00225744
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-2882
  • NDL Article ID
    023690117
  • NDL Call No.
    Z2-32
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top