聴覚障害を有する教員に向けた学習支援の課題 : 三重大学教員免許状更新講習における取り組み  [in Japanese] Problems on learning support systems for teachers with hearing impairments : The teacher training curriculum for obtaining teacher certificate in Mie University  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

2011年度、三重大学教員免許状更新講習では、聴覚障害を有する教員に向けた学習支援を実施した。聴覚障害を有する教員の受講に際して、5項目の課題が明らかになった。すなわち、①情報の効率的な取得に関する配慮、②担当講師の授業展開や話し方の特徴に対する支援者の即応力、③速記者における熟達の度合いと講義内容の理解水準、④音声文字変換ソフト導入の可否、⑤受講者と支援者との関係性の構築、である。都市部とは異なり、地方の講習開設主体(大学等)は聴覚障害教育に関する専門職員を雇用できるとは限らない。しかしながら、各都道府県には聾学校があり、聴覚障害を有する教員も勤務している。それぞれの地域で、聴覚障害を有する教員が合理的配慮のもと教員免許状更新講習を受けられる体制の構築が喫緊の課題であり、三重大学における取り組みは、そのモデルケースとなり得るものであった。

Journal

  • 三重大学教育学部研究紀要

    三重大学教育学部研究紀要 63, 97-102, 2012

    三重大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40019302892
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12097333
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1880-2419
  • NDL Article ID
    023737107
  • NDL Call No.
    Z22-209
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top