尾瀬ヶ原湿原のヒメミミズ科(環形動物門環帯綱) (雪氷の生態学 : 彩雪の生物群集) Enchytraeidae (Annelida, Clitellata) from Ozegahara mire, central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

環形動物門環帯綱のヒメミミズ科は, 尾瀬ヶ原において雪氷中や水中, 土壌中など, 幅広い環境からみつかっており, 寒冷で湿潤な環境に適応した一部の種類にとって, 尾瀬ヶ原の様な高層湿原は, 生息に適した環境であることが推測される. 1999年から2011年にかけて, 尾瀬ヶ原の見本園周辺から牛首付近において, 雪氷中やアカシボ中, 水中および陸上の土壌中から採集されたヒメミミズ科の標本を調査した結果, ナカヒメミミズ属の一種, アミメヒメミミズ属の一種, ハタケヒメミミズ, ハンヒメミミズ属の一種, ミズヒメミミズ属の複数種, ミジンヒメミミズ属の一種および他不明な2属の計8分類群が分布していることが確認された. 雪氷中やアカシボ中から数多く採集された種は, 土壌のファウナの一部であったことから, 雪氷の間隙を通るなどして土壌中から雪中やアカシボ中に移動したものと考えられた.Enchytraeid fauna (Annelida, clitellata) was studied in the Ozegahraa Mire, Central Japan, based on the specimens collected from various habitats including water bed,streams and pools, bog soil, in and on snow and Akashibo snows. As a result of investigation during 1999-2011, 6 taxa belonging to the genra Mesenchytraeus, Cognettia, Fridericia, Hemienchytraeus, Marionina, Cernosvitoviella and two undetermined genra, are recorded. All the enchytraeids species from the snows were also found from terrestrial habitats,and the nivean fauna could be derived from edaphon.

収録刊行物

  • 低温科学

    低温科学 70(-), 93-98, 2012

    北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019324544
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12122962
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1880-7593
  • NDL 記事登録ID
    023776666
  • NDL 請求記号
    Z15-B128
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ