南極の赤雪 : 微生物生態系の実体 (雪氷の生態学 : 彩雪の生物群集) Microbial ecosystems in Antarctic red snow

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では, 南極で観察される赤雪を微生物生態系として捉えて概説する. 藻類を主体とする赤雪現象においては, 緑藻類とともに藻類による光合成産物を利用する好冷性ないし耐冷性の従属栄養細菌からなる系が成立している. 一方, 東南極テイラー氷河で発見された『血の滝』と呼ばれる現象においては, 氷床下湖ブライン中で硫黄サイクルと鉄の酸化過程を伴った微生物生態系が成立している.This article outlines two types of microbial ecosystems associated with red snow in Antarctica. One is blooming by astaxanthin-producing green algae which supply their photosynthesis products to psychrophilic and/or psychrotolerant heterotrophic microorganisms. Another is "Blood fall"by oxidized iron as the result of microbial reaction coupled with a catalytic sulfur cycle yielding a subglacial ferrous brine beneath Taylor Glaier, an outlet glacie of the East Antactic Ice Sheet.

収録刊行物

  • 低温科学

    低温科学 70(-), 159-163, 2012

    北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019324596
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12122962
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1880-7593
  • NDL 記事登録ID
    023776787
  • NDL 請求記号
    Z15-B128
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ