RFIDを用いた浴室内行動計測の基礎検討  [in Japanese] A Experimental Study for Measuring Human Activities in A Bathroom Using RFID  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

浴室は毎日利用するスペースで健康管理やリラクゼーション応用が期待できるほか,入浴事故を防ぐための安心・安全の機能が求められるスペースでもある.我々は,このような様々な用途へ応用可能なユビキタス環境の実現に対し,浴室を対象として研究を行っており,これまでに浴槽を中心としたシステムを扱ってきた.本研究では浴槽外もユビキタス環境として実現するためにRFID を用いて入浴者の行動計測を行う手法について提案する.これは,RFID が取り付けられた浴室内の物品の位置を浴室外から計測することで,入浴者が使用したものを計測するものである.本論文では,浴室でのRFID 利用に関する基礎実験のほか,物品使用時間に関する被験者実験の結果をふまえ,提案手法の可用性について考察と検討を行った.その結果,13.56MHz帯のアンチコリジョン機能付きRFID であれば基本的に利用可能であることが確認できた.しかし,物品の種別や人による使用方法の違いなど,いくつかの課題についても確認できた.A bathroom is one of the spaces we use everyday. There are some applications in a bathroom, for instance, healthcare, relaxation, security for bathing accidents. Our research is focusing on a bathroom toward a smarthome as an ubiquitous computing environment, and we have made some bath systems with a bathtub. For completing a bathroom as a ubiquitous environment, we propose a method which measure bather's actions by items equipped RFIDs read from outside of bathroom. This paper describes fundamental experiments for responses and functions of RFID, and for time intervals that people have or hold items in a bathroom. This paper also describes investigations for the availability of RFID in a bathroom. According to result of experiments, 13.56MHz RFID with anti-collision function is basically possible to apply for our purpose, and some issues are cleared.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 49(6), 1932-1941, 2008-06-15

    情報処理学会

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40019583704
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL Article ID
    024275252
  • NDL Call No.
    YH247-743
  • Data Source
    CJPref  NDL  IPSJ 
Page Top