統合したグラフのプライバシ保護リンク解析  [in Japanese] Secure Link Analysis for Integrated Graphs  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

リンク解析はエンティティとそれらの関係を表すリンクによって表現されたグラフ構造から有用な情報を抽出する手法として用いられている.複数のパーティが秘密に保持するグラフを集めて統合することにより1つのグラフを構成し,リンク解析をすることを考える.既存のリンク解析をそのまま用いると,各パーティが保持するデータのプライバシが守られない.本稿では,このプライバシ保護に関する問題点を解決する方法として,複数のパーティが秘密に保持するグラフを統合したモデルを考え,それらに対するプライバシを保護したリンク解析手法を提案する.我々の手法は,暗号学的ツールを組み合わせて作られており,全パーティがsemi-honestに振る舞う限り理論的に安全である.Link analysis is a method to obtain knowledge from graph structure that is represented by entities and their relationships. We consider collecting graphs that two or more parties hold in secret and composing a graph by integrating these secret graphs. When we analyze the integrated graph using current link analysis methods, the privacy of data that each party holds does not be preserved. In order to solve this privacy issue, we propose a secure method to analyze links for graphs that are integrated from the graphs that each party holds. Our method consists of cryptographic tools and provides theoretical security as long as all parties are semi-honest.

Journal

  • 情報処理学会論文誌データベース(TOD)

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 4(2), 52-60, 2011-07-01

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40019597872
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11464847
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Article
  • ISSN
    1882-7799
  • NDL Article ID
    024305206
  • NDL Call No.
    YH247-812
  • Data Source
    NDL  IPSJ 
Page Top