原子力政策黎明期における「対米依存」の論理 : 経済企画庁原子力室阿部滋忠に注目して (特集 「敗北」の日本 : 日本現代史における神話の解体に向けて) How Did the Japanese Government Justify the Dependence on the US for the Peaceful Uses of Atomic Energy during 1954-1955?

この論文をさがす

収録刊行物

  • 季報唯物論研究

    季報唯物論研究 (123), 22-35, 2013-05

    季報「唯物論研究」刊行会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019763238
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11649026
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0285-2993
  • NDL 記事登録ID
    024796378
  • NDL 請求記号
    Z9-594
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ