保健医療分野における情報視覚化  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

医療機関の電子化が進み, 大量の患者データから新たな知見を見出したいというニーズや,大量データの信頼できる解釈・要約の結果を利用したいというニーズが高まってきている.情報視覚化は大量の情報を取り扱う技術の1 つであるが,対象となる分野にかかわり合いの深い研究が多い.そこで,①医療情報の多様性と視覚化,②生体情報や診療ガイドラインなどの医療情報の特性,③時間的要約やデータマイニングなどの変換表現,情報検索,④アイコン技術や平行座標などの視覚化技術,について述べ,医療情報の視覚化の概要と今後の課題について示した.さらに,これまでに発表されているいくつかの医療情報視覚化システムと,システム開発の特性についても記述した.

Journal

  • デジタルプラクティス

    デジタルプラクティス 4(3), 251-259, 2013-07-15

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40019768033
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1245124X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Article
  • ISSN
    1884-5541
  • NDL Article ID
    024804843
  • NDL Call No.
    Z74-G658
  • Data Source
    NDL  IPSJ 
Page Top