症例 巨大骨間隙のため遷延癒合が危惧されたCCHS後の転子部骨折に対してテリパラチド週1製剤が有効であった1例 Patient at a risk of femoral delayed union with large gap successfully treated with once-weekly injection of teriparatide : a case report

収録刊行物

  • 整形・災害外科

    整形・災害外科 57(10), 1307-1310, 2014-09

    金原出版

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40020195138
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00283219
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-4095
  • NDL 記事登録ID
    025779697
  • NDL 請求記号
    Z19-305
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ