なぜ論文を〈です・ます〉で書いてはならないのか : 日本語からの哲学・序論(1) Can't we write academic articles with 'desu-masu-style' in Japanese? : An introduction to my philosophical investigation based on Japanese language(Part1)

この論文をさがす

収録刊行物

  • 立命館哲学

    立命館哲学 27, 67-94, 2016

    立命館大学哲学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40020828179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10066793
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0914-6342
  • NDL 記事登録ID
    027308664
  • NDL 請求記号
    Z9-821
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ