プログラミングするプログラム -自動プログラム作成最前線- Programming by Programs - The Cutting Edge of Program Synthesis -

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

自動プログラム作成とは,入出力例などの補助的な情報から,プログラムを自動的に生成する技術である.古来非常に難しいものだとされてきた自動プログラム作成だが,近年著しい進展を見せ,実用的なシステムが作られるようになってきている.理由としては,(1)ライブラリ関数をいくつか呼ぶだけというような,小さなプログラムが多数必要になったこと,(2)計算機による力ずくの探索が可能になってきたこと,(3)学習や自然言語処理などによりユーザの意図をより正確に推測できるようになってきたこと,などが挙げられる.本稿では最新の研究成果を紹介し,もって自動プログラム作成技術が現在どの水準に達しつつあるのかを示す.

収録刊行物

  • 情報処理

    情報処理 57(6), 544-549, 2016-05-15

    情報処理学会 ; 1960-

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40020855806
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    0447-8053
  • NDL 記事登録ID
    027430142
  • NDL 請求記号
    Z14-352
  • データ提供元
    NDL  IPSJ 
ページトップへ