解放直後の在日朝鮮人運動と「戦争責任」論(1945-1949) : 戦犯裁判と「親日派」処罰をめぐって (帝国日本の植民地支配責任を問い直す) War Responsibility Argument by the Koreans in Japan (1945-1949) : Focusing on discussion about war crimes trial and punishment for Pro-Japanese Group

この論文をさがす

収録刊行物

  • 日本植民地研究

    日本植民地研究 (28), 20-41, 2016

    日本植民地研究会 ; 1988-

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40020948755
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10072195
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0915-0951
  • NDL 記事登録ID
    027629352
  • NDL 請求記号
    Z3-2370
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ