最高裁 時の判例 民事 1.訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合と不利益変更禁止の原則 2.訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合において,控訴審が,当該和解が無効であり,かつ,請求の一部に理由があるが第1審に差し戻すことなく自判をしようとするときの判決主文[最高裁平成27.11.30判決]  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Journal

  • ジュリスト = Monthly jurist

    ジュリスト = Monthly jurist (1499), 86-88, 2016-11

    有斐閣

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40020966099
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00112952
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0448-0791
  • NDL Article ID
    027667684
  • NDL Call No.
    Z2-55
  • Data Source
    NDL 
Page Top