欧米における図書館学と図書館情報学の概念 : エスタブルーク(L. S. Estabrook)、ベイツ(M. J. Bates)、オーダンソン(R. Audunson)、マイバーグ(S. Myburgh)、タマロ(A. M. Tammaro)の理解を中心に Concepts of Library Science and Library and Information Science by L. S. Estabrook and M. J. Bates in the U.S.A. and by R. Audunson, S. Myburgh and A. M. Tammaro in Europe

この論文をさがす

収録刊行物

  • 大谷大学研究年報

    大谷大学研究年報 68, 1-58, 2016-06

    大谷学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40021048667
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00031828
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0289-6982
  • NDL 記事登録ID
    027822033
  • NDL 請求記号
    Z22-289
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ