渋谷駅の再開発・ホーム移設/~2027年度 埼京線ホームが山手線と並ぶ (東京大改造 インフラは五輪後が佳境)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 「50年か100年に一度」といわれる渋谷駅とその周辺の再開発。JR東日本が懸案に掲げるJR渋谷駅の改良工事も進行している(図1)。 主な内容はJRの埼京線ホームの移設や山手線ホームの改築などで、同社負担分の事業費は約750億円だ。全体の完成は2027年度の予定。

収録刊行物

  • 日経コンストラクション

    日経コンストラクション (672), 68, 2017-09-25

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40021317844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10280647
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0915-3470
  • NDL 記事登録ID
    028513138
  • NDL 請求記号
    Z16-1928
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ