新学習指導要領における情報教育の動向  [in Japanese] Trend of Information Studies in Japanese New Course of Study  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

平成28年(2016年)12月の中央教育審議会答申および平成29年(2017年)3月に告示された新学習指導要領においては,情報活用能力が「学習の基盤となる資質・能力」と明記されるなど,情報教育の重要性がより高まっている.本稿では,中央教育審議会答申から新学習指導要領にかけての情報教育に関連する審議等について,その経過を踏まえて解説する.まず情報教育が学習における方法知として期待されてきたことを示した上で,新学習指導要領における情報活用能力の位置づけ,各教科等との関連,特に小学校段階におけるICTの基本的な操作スキルやプログラミング教育,今後の研究の必要性などについて説明する.

Journal

  • 情報処理

    情報処理 59(1), 72-79, 2017-12-15

    情報処理学会 ; 1960-

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40021420405
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0447-8053
  • NDL Article ID
    028734891
  • NDL Call No.
    Z14-352
  • Data Source
    NDL  IPSJ 
Page Top