若年者の被害に対する機会構造/選択モデルの適用可能性の検証 : 日常活動に焦点を当てた犯罪予防は有効か? An examination of the applicability of the structural-choice model to the victimization of youths : Is crime prevention focused on routine activities effective?

この論文をさがす

収録刊行物

  • 安全教育学研究 = The Japanese journal of safety education

    安全教育学研究 = The Japanese journal of safety education 17(2), 3-24, 2018-06

    日本安全教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40021689074
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12397086
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1346-5171
  • NDL 記事登録ID
    029279015
  • NDL 請求記号
    Z71-F285
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ