乗用トラクタの事故調査結果を用いた事故要因分析とリスク評価手法の検討  [in Japanese] Analysis of Accident Factors and Consideration of Risk Assessment Method Based on Results of Tractor Accident Survey  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

乗用トラクタの事故は農業機械作業に係る死亡事故のうち最も多く,それらを低減することは農作業安全の観点から重要である。本研究では,新たに入手した乗用トラクタの事故調査結果から,発生確率を算出し,被害の程度に重みを付けて数値化することで,各事故要因の危険度および各事故事例のリスクを算出した。その結果,乗用トラクタ事故における,死亡,重傷のリスクは最大で57%,61%低減可能であると見込まれた。さらに,「安全性や操作性の低い機械」,「場所の傾斜,段差,凹凸」,「場所の狭さ(縁,物への距離)」の3要因を対策することで死亡・重傷のリスクの閾値を下回る見込みを得た。

Journal

  • 農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

    農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers 81(2), 93-103, 2019-03

    農業食料工学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40021834743
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12654054
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2188-224X
  • NDL Article ID
    029564629
  • NDL Call No.
    Z18-387
  • Data Source
    NDL  JASI 
Page Top