甲武信ヶ岳周辺の亜高山帯針葉樹林におけるニホンジカの剥皮の影響  [in Japanese] Effects of bark-stripping by sika deer in a subalpine coniferous forest in Mt Kobushigatake  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

奥秩父地域甲武信ヶ岳周辺のシラビソが優占する亜高山帯針葉樹林において、2009年から2018年にかけてのニホンジカの剥皮の影響について明らかにした。2018年の立木密度は2009年の66%に減少しており、特にオオシラビソの減少(44%)が顕著であった。優占するシラビソとオオシラビソは、両年とも剥皮されていない立木(剥皮率0%)が最も多かった。しかし、剥皮された立木は、シラビソは66本から114本、オオシラビソは13本から23本へと、ほぼ倍増していた。両種ともに、調査期間中に枯死した立木のうち、剥皮されずに枯死した立木(剥皮率0%)が約9割であり、立ち枯れによって枯死していたものが最も多かった。

Journal

  • 山梨県森林総合研究所研究報告 = Bulletin of the Yamanashi Forest Research Institute

    山梨県森林総合研究所研究報告 = Bulletin of the Yamanashi Forest Research Institute (38), 1-4, 2019-03

    山梨県森林総合研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40021886272
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11281326
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1343-0106
  • NDL Article ID
    029671566
  • NDL Call No.
    Z18-757
  • Data Source
    NDL  JASI 
Page Top