最新・判例解説(第48回)被告人が,妻であった被害者に無断で偽造の離婚届を提出した上,その情を秘し,婚姻関係が継続していると誤信している被害者に対し,今後,同居する意思がないのに,同居のために必要であるとだまして金員の交付を受けた詐欺事案において,刑法251条,244条1項を適用しなかった原判決に法令適用の誤りはないとされた事例[大阪高裁平成31.3.14判決]  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Journal

  • 捜査研究

    捜査研究 69(5), 62-70, 2020-05

    東京法令出版

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40022256043
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00134536
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0286-8490
  • NDL Article ID
    030458208
  • NDL Call No.
    Z2-66
  • Data Source
    NDL 
Page Top