少年関係裁判 判示事項 少年が,被害者に対して立腹し,共犯者3名と共謀の上,被害者に暴行を加え,現金を脅し取るとともに傷害を負わせたという恐喝,傷害保護事件において,少年を第1種少年院送致(短期間の処遇勧告)とした原決定につき,本件非行が極めて悪質とまではいえないこと,少年の非行性がそれほど根深いものではないこと,家裁への係属歴がないことなどを指摘し,試験観察に付することを含め,在宅処遇の可能性を検討すべきとして,これを取り消した事例[東京高裁令和元.8.28決定]  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Journal

  • 家庭の法と裁判 = Family court journal

    家庭の法と裁判 = Family court journal 27, 102-108, 2020-08

    日本加除出版

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40022337720
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12710814
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2189-1702
  • NDL Article ID
    030617238
  • NDL Call No.
    Z72-K114
  • Data Source
    NDL 
Page Top