フッ素置換スルホン酸エステル類の生物活性とその作用機序に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 太田, 裕子 オオタ, ユウコ

書誌事項

タイトル

フッ素置換スルホン酸エステル類の生物活性とその作用機序に関する研究

著者名

太田, 裕子

著者別名

オオタ, ユウコ

学位授与大学

名古屋市立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第437号

学位授与年月日

1991-01-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 総論の部 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 第2章 フッ素置換monofunctionalスルホン酸エステル類の化学的性質と哺乳動物細胞(L1210)に与える細胞毒性効果 / p3 (0006.jp2)
  5. 第1節 序論 / p3 (0006.jp2)
  6. 第2節 哺乳動物細胞に対する細胞毒性効果 / p4 (0007.jp2)
  7. 第3節 分配係数 / p5 (0007.jp2)
  8. 第4節 加水分解速度定数 / p8 (0009.jp2)
  9. 第5節 考察 / p8 (0009.jp2)
  10. 第3章 制癌性を有するbifunctionalスルホン酸エステルであるブスルファン類縁化合物に対するフッ素置換効果 / p12 (0011.jp2)
  11. 第1節 序論 / p12 (0011.jp2)
  12. 第2節 フッ素置換ブスルファン類縁化合物の細胞毒性効果と抗腫瘍活性 / p12 (0011.jp2)
  13. 第3節 種々の哺乳動物細胞に対する細胞毒性効果 / p14 (0012.jp2)
  14. 第4節 FCMによる作用機序解明の試み / p16 (0013.jp2)
  15. 第5節 担癌マウスに対する抗腫瘍活性 / p18 (0014.jp2)
  16. 第6節 in vivo での造血組織に与える効果 / p19 (0014.jp2)
  17. 第7節 考察 / p22 (0016.jp2)
  18. 第4章 フッ素含有アルキル化傷害に対する修復機構 / p24 (0017.jp2)
  19. 第1節 序論 / p24 (0017.jp2)
  20. 第2節 修復酵素欠損株を用いた細胞毒性と変異原性 / p26 (0018.jp2)
  21. 第3節 MNU前処理後の突然変異誘発頻度 / p27 (0018.jp2)
  22. 第4節 適応応答誘導能及びSOS応答誘導能 / p29 (0019.jp2)
  23. 第5節 考察 / p31 (0020.jp2)
  24. 第5章 結語 / p36 (0023.jp2)
  25. 実験の部 / p38 (0024.jp2)
  26. 第2章の実験 / p38 (0024.jp2)
  27. 第3章の実験 / p39 (0024.jp2)
  28. 第4章の実験 / p41 (0025.jp2)
  29. 謝辞 / p44 (0027.jp2)
  30. 参考文献 / p45 (0027.jp2)
  31. Cytotoxicity of Fluorine-Containing Alkyl Alkanesulfonates to Cultured Leukemia L1210 Cells / p2410 (0031.jp2)
  32. Antitumor Activity and Neutrophil-selective Hematopoietic Toxicity of Busulfan Analogs in Mice / p1048 (0036.jp2)
  33. Some Cytotoxicological Aspects of Ethyl and Fluoroethyl Alkane-sulfonates in Escherichia coli: Role off Fluorine Substitution / p1 (0041.jp2)
  34. Mechanistic aspects of the cytocidal action of ulithiacyclamide on mouse leukemia L1210 cells in vitro / p4497 (0048.jp2)
  35. Repair of DNA lesions induced by fluoroethylating agents in Escherichia coli: Role of fluorine substitution in the adaptive response / p1 (0054.jp2)
  36. THE GENOMIC ORGANIZATION OF IMMUNOGLOBULIN Vн GENES IN XENOPUS LAEV1S SHOWS EVIDENCE FOR INTERSPERSION OF FAMILIES / (0063.jp2)
  37. Systematic implications of the immunoglobulin Vʜ gene organization in the coelacanth,Latimeria chalumnae / (0079.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000080520
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000080726
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000244834
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ