逆流性食道炎防止を目的とした胃全摘後再建術式"ρ型Graham変法"の有用性に関する臨床的研究

この論文をさがす

著者

    • 竹之内, 直人 タケノウチ, ナオト

書誌事項

タイトル

逆流性食道炎防止を目的とした胃全摘後再建術式"ρ型Graham変法"の有用性に関する臨床的研究

著者名

竹之内, 直人

著者別名

タケノウチ, ナオト

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第737号

学位授与年月日

1991-03-13

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081266
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000081474
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000245580
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ